さんぴこ保育園の特色

「遊びが学び」「心を育てる保育」

多くの木々がある環境で自然を感じながら成長できます。

乳幼児期は保育士との深い愛着形成が大切です。これは日常的な世話をしてくれる人に対しての「絆」のことです。当園では一人ひとりの子どもとの深い関わりを大切にし、「心を育てる」保育を行っています。乳幼児期に培った「思いやりの心」「人と関わりを持つ楽しさ」を十分に発揮できる、大人になってもらいたいと考えています。

また、子どもたちが元気に育つには「食」が大切です。当園では自園調理により食べものを作ってくれた人への感謝、また自園菜園で育てた野菜を食べることにより「食」への意欲を感じることで、体のみならず心も育てる食育を行っていきます。

詳細はこちら…

施設紹介

続きはこちら…